Pick Up!コンテンツ

インドネシア


インドネシアの気候・風土

インドネシアは日本の約5倍という広大な面積をもった島嶼国です。
広大な面積のゆえに3つの時間帯があり、気候なども場所によってかなりの差が見られます。
基本的な気候の特徴としては、1年が乾季と雨季に分かれており、とくに12月から1月にかけては大量の雨が降ることでも知られています。

現在、経済発展などの理由で、ジャカルタなどの中心地では大気汚染が問題になっていますので、旅行者で呼吸器系に問題がある場合には、常備薬などを必ず持っていくようにしましょう。
ジャカルタなどの都市部の一部では上下水道が整備されていますが、インドネシア全地域では、上下水道が整っていない場所が多くなっています。
とくに上水道は汚染されているものも多いため、外食を利用する際には加熱処理された料理などを食べるようにしてください。
夏場などでは冷たい飲み物のなかに氷が入っている場合も多いですが、浄化されていない水道水をそのまま凍らせたものが使われていることもありますので、できるだけ控えるようにするのが賢明です。


注意しておきたい感染症は破傷風A型肝炎B型肝炎狂犬病です。

破傷風は、傷口に破傷風菌というウイルスが入ることで発症し、重篤な場合は死に至るケースもあります。

A型肝炎は経口感染の恐れがあり、生の水やサラダなどから感染するケースがありますので注意が必要です。

B型肝炎は感染者との性的接触や医療機関での注射器使いまわし、入れ墨やピアスなどの血液・体液の接触によって感染します。

狂犬病は、感染した犬やコウモリなどの動物に咬まれたり、なめられたりするなどした場合に感染します。
撫でるだけでも感染することがあり、狂犬病は一度発症すると致死率は100%と危険な病気で、現代医学では治療方法がありません。

これらの感染症はすべて有効な予防接種がありますので、渡航する際は事前にこれらの予防接種は受けておきましょう。


インドネシアで注意すべき感染症

インドネシアで注意すべき感染症は以下の通りです。

長期滞在で注意が必要な感染症
  • 破傷風

    破傷風の菌は日本を含む世界中の土壌の至るところに存在し、怪我をすると傷口から侵入し感染します。感染すると潜伏期間の後に口が開きにくい、首筋が張る、体が痛いなどの症状が出たのち、体のしびれや痛みが体中に広がり、けいれんを起こしたり呼吸困難になって死に至るケースもあります。 海外に長期間滞在する場合や切り傷などの怪我をしやすい場所に行く場合には事前に予防接種によって免疫をつけることが有効です。予防接種の抗体は10年程度で切れるため、最後の予防接種から10年以上経過している場合には接種が必要になります。

  • 破傷風とは?症状や予防接種について >>

  • A型肝炎

    A型肝炎は食べ物や飲み物から経口感染する感染症。日本よりも衛生状況の悪い国で多く見られます。感染すると発熱、全身のだるさ、食欲不振、吐き気、嘔吐などの症状の後、黄疸(皮膚や目の白い部分が黄色くなること)が現れます。 感染した場合、特別な治療法はなく1~2ヶ月程度安静にし続けることが必要になります。60才以下のほとんどの日本人はA型肝炎の免疫を持っていないため、予防接種によって免疫をつけることが必要になります。

  • A型肝炎とは?症状や予防接種について >>

  • B型肝炎

    B型肝炎は性行為や適切に消毒されていない医療機器の使用などで血液や体液を介して感染する感染症。発展途上国を中心に世界中で広く流行しておりアジア、アフリカ、南米などが高度流行地域です。 感染した場合は潜伏期間の後、倦怠感、食欲不振、吐き気、嘔吐、腹痛、黄疸(皮膚や目の白い部分が黄色くなること)が起こります。皮膚発疹や関節の痛みが生じることがあります。 急性肝炎になると急性肝不全を起こし死に至ることもあります。また、慢性肝炎になった場合には長期にわたる治療を要し、最悪の場合は肝硬変や肝臓がんなどの命にかかわる病気を引き起こします。 B型肝炎の流行地域に長期間滞在する場合は予防接種によって免疫をつけることが必要になります。

  • B型肝炎とは?症状や予防接種について >>

  • 狂犬病

    狂犬病は世界中の多くの国や地域で発生する感染症で、症状が発症した後はほぼ確実に死に至ります。狂犬病ウイルスに感染した犬や猫、キツネ、アライグマ、コウモリなどの動物に噛まれた際、傷口からウィルスが侵入し感染します。 感染すると潜伏期間の後に発熱、頭痛、全身の倦怠感、嘔吐、傷口の痛み、痙攣などの症状が出て、最終的には死に至ります。発症してしまうと明確な治療法はないため、海外に長期間滞在する場合や感染の可能性のある動物と触れる機会のある方には事前に予防接種によって対策することをおすすめします。

  • 狂犬病とは?症状や予防接種について >>

  • 日本脳炎

    日本脳炎は日本を含むアジアで広く発生している感染症で蚊によって伝播していきます。感染した人のうち、実際に発症するのは100人から1000人に1人の割合と言われていますが、発症すると脳炎による意識障害をおこし、死亡することも少なくありません。発症した場合の致死率は30%ほどと言われています。また、発症後の生存者の30~50%には麻痺や痙攣発作、言語障害などの後遺症が残ると言われています。 日本を含む多くのアジア諸国で見られる感染症で発症した際の死亡リスクが非常に高いため、長期にアジア諸国の流行地、特に農村部に滞在する場合には事前に予防接種により対策をすることをおすすめします。特に近年まで日本脳炎の定期接種が行われていなかった北海道の方は、アジア渡航の際には注意が必要です。

  • 日本脳炎とは?症状や予防接種について >>

  • 腸チフス

    腸チフスは多くの発展途上国、特に南アジアで多く見られる感染症です。チフス菌に感染した人の便や尿で汚染された水、氷、食べ物を国にすることで感染が広がります。感染すると1~3週間程度の潜伏期間の後、高熱、疲労感、頭痛、嘔気、腹痛、便秘、下痢などの症状があらわれます。重症化すると腸からの出血や腸に穴が開くなどの症状が出、死に至るケースもあります。 腸チフスには予防接種が有効ですが、腸チフスのワクチンは日本では承認されていないため接種をしたい場合は対応可能な医療機関で輸入ワクチンを取り寄せて接種する必要があります。

  • 腸チフスとは?症状や予防接種について >>

  • 麻しん(はしか)

    麻しん(はしか)は日本を含む世界中に存在する感染症です。麻しんウィルスは非常に感染力が強く、空気感染や咳、くしゃみなどによる飛沫感染、接触感染をします。マスクや手洗いだけでは予防することはできないと言われています。感染すると10~12日の潜伏期間の後に発熱、咳、鼻汁、目の充血、発しんなどの症状が出ます。肺炎や脳炎になるケースもあり、1000人に1人程度は死亡すると言われています。 麻しんは非常に感染力が高いため、海外渡航中に発症した場合は感染拡大を防ぐために本人および同行者の移動は厳しく制限されます。そのため、いままでに2回の定期予防接種を受けて麻しんに対する免疫をつけていることが非常に重要になります。いままでに2回の予防接種を受けていない方、または予防接種回数が不明な方は予防接種を受けることをおすすめします。(1979年から1987年生まれの日本人は麻しん予防接種を受けていない方が多いことがわかっており、ワクチン接種が推奨されています)

  • 麻しん(はしか)とは?症状や予防接種について >>

  • 風しん

    風しんは日本を含む世界中に存在する感染症です。風しんウィルスは非常に感染力が強く、咳、くしゃみなど飛沫感染で人から人へ感染が広がります。感染すると2~3週間の後に発熱、発しん、リンパ節の腫れなどの症状が出ます。脳炎や血が止まらなくなる血小板減少性紫斑などの合併症を発症する場合もあります。また妊娠20週ごろまでの妊婦が風しんウイルスに感染すると、生まれてくる子供が先天性風しん症候群(眼や心臓、耳などに障害を持つ)を発症する可能性があります。 風しんは非常に感染力が高いため、海外渡航中に発症した場合は感染拡大を防ぐために本人および同行者の移動は厳しく制限されます。いままでに2回の予防接種を受けていない方、または予防接種回数が不明な方は予防接種を受けることをおすすめします。(日本では1967年から1987年生まれの男性および1979年から1987年生まれの女性は風しん予防接種を受けていない方が多いことがわかっており、ワクチン接種が特に推奨されています)

  • 風しんとは?症状や予防接種について >>

インドネシアで日本語・英語対応可能な医療機関

施設名RS Pondok Indah(ポンドックインダー病院)
地域ジャカルタ
住所Jl. Metro Duta Kav. UE Pondok Indah, 123110 Jakarta
電話番号765-7525
URL http://www.rspondokindah.co.id/
日本語対応
英語対応
概要南ジャカルタの私立総合病院で,救急外来は24時間対応です。同病院の6階には,日本人向けのクリニック(Jクリニック)が入居しており,日本人看護師による診療援助を受けることができます。
施設名RS Columbia Asia(コロンビア・アジア病院)
地域メダン市
住所Jl. Listrik No.2A, 20112 Medan
電話番号(061) 4566-585
URL http://www.columbiaasia.com/medan/
日本語対応
英語対応 不明
概要217床の全科対応の私立総合病院です。救急室は24時間対応で,多くの常勤医のほか,病状に合わせて各科の専門医がオンコールで来院して診療にあたります。ほとんどの職員に英語が通じ,受付には日本語対応の職員が勤務しています。
施設名SOS Medika Klinik-Bali(インターナショナルSOSバリ)
地域デンパサール市
住所Jl. Bypass Ngurah Rai 505X, Kuta, 80221 Bali
電話番号(036)-1720-100(インドネシア語・英語)
URL http://www.internationalsos.co.jp/clinic/indonesia.html
日本語対応 不明
英語対応
概要アシスタンスサービスを提供する会社が直営するクリニックです。インドネシアでは30年以上の経験を有しています。クリニックでは総合診療医が24時間体制で救急患者対応を行っており,必要時ホテルや自宅への往診も行っています。 診療科:総合診療科,歯科,他各種専門科に関しては問い合わせください。 インドネシア語または英語対応可能,日本語に関しては電話での通訳対応可能。
施設名バリ・タケノコ診療所
地域デンパサール市
住所Jl. Sunset Road No.77A, Ruko No1, Kuta-Bali
電話番号(036)-1472-788, (081)-1399-459(日本語)
URL http://takenokogroup.com/
日本語対応
英語対応 不明
概要日本語による総合診療が可能です。診療時間は,平日は8時~22時,土・日・祭日は8時~16時(ニュピを除く)です。海外旅行保険,各種保険適応あり,国民健康保険書類作成可能。現金,クレジットカードにて支払い可能 (VISA, Master, JCB)。
施設名Jakarta Kyoai Medical Services Bali(共愛メディカルサービス・バリ分院)
地域デンパサール市
住所Jl. Bypass Ngurah Rai No. 9 C, Kuta, 80361 Bali
電話番号(036)-1766-591(英語・日本語)
URL http://www.kyoaims.com/jp/index.php
日本語対応
英語対応 不明
概要空港近くのクリニックで,Jl. Bypass Ngurah Rai をシンパシオール方面に向かいハイパーマートの看板が見えたらその手前にあります。海外旅行保険のキャッシュレスサービスの利用が可能です。 日本語の話せるスタッフが常駐しており日本語による総合診療が可能です。
施設名Kasih Ibu General Hospital (カシイブ総合病院)
地域デンパサール市
住所Jl. Teuku Umar 120 Denpasar, Bali
電話番号(036)-1300-2021, (036)-1787-3432(日本語,平日8~17時)
URL http://www.kasihibuhospital.com/
日本語対応
英語対応 不明
概要外国人病棟のある私立総合病院で,日本人職員が勤務しています。救急車の派遣も可能です。ジンバラン地区およびにクタ地区に分院があります。
施設名Bali International Medical Center Kuta(BIMCホスピタル・クタ)
地域デンパサール市
住所Jl. Bypass Ngurah Rai No.100X, Kuta, 80361 Bali
電話番号(036)-176-1263(英語・日本語)
URL http://www.bimcbali.com/
日本語対応
英語対応 不明
概要24時間対応の救急室のある外国人旅行者向けの私立病院です。日本人医療スタッフが常勤しています。救急車の派遣も可能です。
施設名Surya Husadha Hospital(スルヤフサダ・ホスピタル)
地域デンパサール市
住所Jl.Pulau Serangan No.7, 80114 Denpasar
電話番号(036)-1233-787, (081)-2389-6617(日本語ダイヤル)
URL http://www.suryahusadha.com/
日本語対応
英語対応 不明
概要デンパサール中心部に位置する私立の総合病院です。外国人向けの新病等が2018年にオープンしました。日本人ゲストリレーションが勤務しており日本語による診療が可能です。また,旅行者の透析にも応じています(事前の予約が必要)。
施設名KAIKOUKAI CLNIC SENAYAN (偕行会クリニックスナヤン)
地域ジャカルタ市
住所Sentral Senayan I, Ground & Mezzanine Floor Jl. Asia Afrika No.8, Gelora Bung Karno-Senayan, Jakarta
電話番号(021)-573-1010
URL http://www.kaikou.co.id/
日本語対応
英語対応
概要スナヤン地区に開設されたインドネシアで唯一,日本の医療法人が展開しているクリニックで,健康診断,一般外来,予防接種を実施しています。日本で検査や治療を受けたい時に,その地域でベストの病院を探し,紹介状の作成・予約を行います。また,クリニックにない診療科においても,提携先の病院をご紹介して受診することが可能です。旅行者の透析対応は,提携先の病院で実施します。 診療科:一般内科,小児科,呼吸器内科,循環器内科,放射線科,神経内科,セカンドオピニオン,歯科 診療時間:月曜日~土曜日 8時~22時 <専門科は予約制> (注)日・祝日休診 対応言語:日本語,英語,インドネシア語 支払方法:現金(ルピアのみ),各種クレジットカード(VISA,JCB,MasterCard,AMERICAN EXPRESS),海外旅行傷害保険でキャッシュレスサービスのご利用可。(注)提携保険会社のみ
施設名タケノコ診療所 スディルマン本院
地域ジャカルタ市
住所Sahid Sudirman Residence, Jl. Jend. Sudirman Kav.86, Jakarta
電話番号(021)-5785-3955(代表) (021)-5785-3958(日本語)
URL http://www.takenokoshinryojo.com/
日本語対応
英語対応 不明
概要年中24時間対応できる診療所を含め,国内計5つのクリニックネットワークを持つ医療グループで,現地で20年の診療経験があります。ジャカルタ地区,チカラン地区,バリ地区,全ての診療所で日本語が通じます。診療は現地総合診断医で現地かかりつけ医の機能を担いますが,日本人医師の指導や日本での研修を通じて 日本人の患者対応をしています。一部診療所では,総合診療の他に歯科・理学療法も併設しています。現地病院だけでなく,日本国内医療機関と連携ネットワークがあり,必要な場合には,迅速な入院紹介やコンサルトが可能です。 診療科:総合診療,歯科 診療時間:年中無休24時間診療 支払方法:海外旅行保険,各種保険適応あり,国民健康保険書類作成可能 現金,クレジットカードにて支払い可能 (VISA, Master, JCB)
施設名SOS Medika Klinik-Cipete(インターナショナルSOSチプテ)
地域ジャカルタ市
住所Jl.Puri Sakti No.10, Cipete, 12410 Jakarta
電話番号(021)-7599-8923(日本語 日中のみ 日曜祝日を除く) (021)-750-5980(英語/インドネシア語 24時間)
URL http://www.internationalsos.co.jp/clinic/indonesia.html
日本語対応
英語対応
概要全世界で駐在員や出張者の健康と安全を守るアシスタンスサービスを提供する会社が直営するクリニックです。インドネシアでは30年以上の経験を有しています。 チプテでは総合診療医が24時間体制で救急患者対応を行っており,必要時ホテルや自宅への往診も行っています。 診療科:総合診療科,小児科,産婦人科,眼科,皮膚科,耳鼻科,神経内科,循環器内科,精神科,歯科(専門医要予約) 日中日本語対応可能な医師,日本人医療資格保持者常駐。夜間帯は英語での診療または必要時電話で通訳対応可です。各社海外旅行傷害保険に関しては問い合わせ。
施設名SOS Medika Klinik-Kuningan(インターナショナルSOSクニンガン)
地域ジャカルタ市
住所Menara Prima 2nd Floor, Jl. DR. Ide Anak Agung Gde Agung, Kawasan Mega Kuningan Kav6.2, 12950 Jakarta Selatan
電話番号(021)-5794-8128(日本語), (021)-5794-8600(英語)
URL http://www.internationalsos.co.jp/clinic/indonesia.html
日本語対応
英語対応
概要開院時間:平日(8時-18時)土曜日(8時-14時)総合診療医が常駐 診療科:総合診療科,循環器内科,皮膚科,歯科,理学療法(要予約) 点滴治療や数時間程度の経過観察用ベットあり。日中日本語対応可能な医師,日本人医療資格保持者常駐しています。日本語対応医師,スタッフ不在時は電話での通訳対応可能です。各社海外旅行傷害保険に関しては問い合わせ。
施設名RS Siloam Lippo Village(シロアム・リッポ―ビレッジ病院)
地域ジャカルタ
住所Jl.Silom 6, Lippo Karawaci, 1600 Tangerang, 15811
電話番号546-0054
URL https://www.siloamhospitals.com/
日本語対応 不明
英語対応
概要インドネシア全国に34病院ある私立シロアム病院うち,ジャカルタ西部近郊Lippo Karawachiにある総合病院です。救急外来,入院,手術室は24時間対応で,職員は英語が通じます。
施設名ポンドックインダ・タケノコ診療所
地域ジャカルタ市
住所Palma Tower, Lt. Mezanin Unit 1 – 3, Jl. RA. Kartini II-S/6, Jakarta
電話番号(021)-7593-0467 (日本語) (021)-7593-0468, (021)-7593-0469
URL http://www.takenokoshinryojo.com/
日本語対応
英語対応 不明
概要多くの在留邦人が居住する南ジャカルタポンドックインダ地区にある日本人向けのクリニック,総合診療,歯科,リハビリ診療を24時間年中無休で行っています。日本語による診療が可能です。
施設名Jakarta Kyoai Medical Services Cikarang (共愛メディカルサービス・EJIP分院)
地域ジャカルタ市
住所EJIP CENTER 2nd Floor, Plot 3A, Cikarang Selatan
電話番号(021)-8967-7310(英語・日本語)
URL http://www.kyoaims.com/jp/index.php
日本語対応
英語対応 不明
概要EJIP工業団地内のEJIPセンターの2階。日本語の話せるスタッフが常駐しており日本語による総合診療が可能です。海外旅行保険のキャッシュレスサービスやヘルスケアプログラムの利用が可能です。火曜日の10時から15時の間のみ予約で歯科診療を行っています。
施設名Jakarta Kyoai Medical Services Karawang (共愛メディカルサービス・カラワン分院)
地域ジャカルタ市
住所Manor Office Park 2nd floor, Surya Utama kav.C-1 Karawang
電話番号(021)-3042-4007, 4008(英語・日本語)
URL http://www.kyoaims.com/jp/index.php
日本語対応
英語対応 不明
概要Surya Cipta工業団地入り口のManor Office Parkの2階。日本語の話せるスタッフが常駐しており日本語による総合診療が可能です。海外旅行保険のキャッシュレスサービスやヘルスケアプログラムの利用が可能。入館の際にはビル受付で<共愛利用>と申し出て下さい。ゲートの開閉やエレベーターが利用できる専用のカードが渡されます。受付ではIDが必要です。
施設名RS Medistra(メディストラ病院)
地域ジャカルタ
住所Jl. Gatot Subroto Kav.59, 12950 Jakarta
電話番号(021)521-0200
URL http://www.medistra.com/
日本語対応 不明
英語対応
概要ジャカルタ都心に近い私立の総合病院です。救急外来は24時間対応です。
施設名Jakarta Kyoai Medical Services Kiic (共愛メディカルサービス・KIIC分院)
地域ジャカルタ市
住所Sentra KIIC Unit No.40 Lt.1, Jl Permata Raya Lot CA-1 Karawang (KIIC)
電話番号(021)-2956-9381(英語・日本語)
URL http://www.kyoaims.com/jp/index.php
日本語対応
英語対応
概要KIIC工業団地内のSentra Kiicの1階。日本語の話せるスタッフが常駐しており日本語による総合診療が可能です。駐車場から直接クリニックに入ることが出来ます。海外旅行保険のキャッシュレスサービスやヘルスケアプログラムの利用が可能です。
施設名Kyoai Medical Services (ジャカルタ共愛メディカルサービス本院)
地域ジャカルタ市
住所Wisma Keiai 6th Floor, Jl. Jend. Sudirman Kav.3-4, Jakarta
電話番号021-572-4330
URL http://www.kyoaims.com/jp/index.php
日本語対応
英語対応 不明
概要スディルマン通りにある邦人向けクリニックです。スディルマン通りをタムリン方面に進み,Mid plaza を過ぎたところにあるWisma Keiaiビルの6階です。JAL,EPSON,ORIXの看板が目印です。総合診療以外に予約で眼科専門医師の診察や歯科診療も行っています。インドネシア人医師による診療ですが,日本人スタッフまたは日本語の話せるスタッフが常駐していますので,日本語による診察が可能です。海外旅行保険のキャッシュレスサービスやヘルスケアプログラムの利用が可能。なお,ビルへの入館の際にはビルの受付で<共愛メディカルサービスを利用>と申し出て下さい。共愛専用のパスが渡されて,ゲートの開閉は警備員が行います。

情報源:外務省 世界の医療事情より一部抜粋して掲載